2011年05月11日

モモやリンゴを食べると口の中が腫れる

モモやリンゴを食べると口の中が腫れる 果物アレルギーは別名口腔アレルギー症候群とも呼ばれ、果物や野菜などを食べると15分以内に直接触れたくちびるや舌、のどの奥がかゆくなったり腫れたりします。さらにじんましんや目や鼻のかゆみ、吐き気、腹痛、下痢、気管支喘息などの症状を引き起こします。果物アレルギーの主な原因となるのはモモ、リンゴ、ナシ、イチゴ、サクランボ、スイカ、メロン、キウイ、バナナなどの他に、トマトやジャガイモ、ナスなどの野菜も含まれます。生薬
多くの場合、生の果物を食べたときに反応し、また、同じ果物でもよく熟したものに反応が強く出る、という特徴があります。また、リンゴをジュースやジャムにすると果物アレルギーが起こらない場合もあります。大量に食べると、呼吸器症状やアナフィラキシーを起こす危険性もあります。 花粉症と果物アレルギー 果物アレルギーの原因となる食べ物はシラカバなどの花粉と交差抗原性アレルギーの原因となる物質が共通して含まれていることがあるため、成人などでは花粉症を起こした後に、果物アレルギーを起こす場合が多いとされています。例えば、スギヒノキの花粉症の人はトマトに、シラカバ...
オイスターソースでも発症する牡蠣アレルギー 貝を食べることでアレルギー症状が出る貝アレルギーの人もいますが、得に牡蠣を食べることでアレルギー症状を起こす牡蠣アレルギーというものがあります。牡蠣は生で食べたり、焼いたり、煮たりして食べられる食材ですが、牡蠣アレルギーの場合は、どのような調理をしてもじんましんや発疹、下痢や腹痛などの皮膚系の症状や消化器系の症状を引き起こします。牡蠣そのものではなく、オイスターソースのような牡蠣を原材料としている食品も牡蠣アレルギーの場合は、症状が出ます。牡蠣アレルギーは時間をあけずに食べ、食あたりなどの症状を起こすと体が余計に敏感に反応するようになり、そのほかの食材でも症状が出るようになりますので注意するようにしましょう。 食中毒と間違いやすい牡蠣アレルギー 牡蠣はおいしい食材ですが、生で食べるのはとてもリスクが高いと言われています。牡蠣アレルギーの場合、ウィルスが原因の食中毒と混同されることがよくあります。ウィルスを持っている牡蠣を食べると、腹痛や吐き気、嘔吐、下痢、発熱といった症状を起こします、潜伏期間は平均1~2日。通常は3日で回復するとされています...
田七人参



同じカテゴリー(健康美容)の記事
 入院治療を行うためのベッドがありません (2011-06-25 17:54)
 ふつう月経は30日前後のサイクルで繰り返されている (2011-06-03 15:04)
 腰振りダイエットのコアリズムにでている (2011-05-28 11:48)
 月経には環境やストレス、体調も大きく影響している (2011-05-13 12:15)
 加入する健康保険の保険者にお尋ね (2011-05-05 12:39)
 肌トラブル乾燥肌などでお悩みの方によい方法 (2011-03-29 11:36)